book

ついにMacでもKindleが使えるようになっただ〜

Amazon.co.jp: Kindle for Mac
2013年半ばから電子書籍に移行して感慨深いものがあります。
当時Kinoppy(紀伊國屋)をメインに使ってましたが、今ではすっかりKindleです。
本棚管理が出来て、あらゆるデバイスでも読めるKinoppy最高や!だったんですけどね……。
なのでKinoppy推しだったのに使わなくなった理由を書き出してみた。

Kinoppy2.0が思いの外使いづらい

Kinoppy2.0にアップデートされましたが、どうしても慣れなくて俺の中で使いづらいリーダーになってしまった点です。
電子書籍は基本、iPadで読んでいるのですが、これは電子書籍以外のデータも保持しています。
よって読んだら削除するスタイルに気づいたらなってました。
Kindleの場合は本棚とか無いので問答無用に対象を長押し→削除できるので楽、ですがKinoppyは編集モードに一旦入らないと削除できない。
あと2.0からスクロールが気持ち悪くてよく落ちる←重要

本棚管理が日に日に面倒になる

最初メリットだと思ってましたが、長く使ってくると当たり前ですが本が溜まります。
これを本棚にキレイに整理しようとすると面倒な上に、その操作自体が気持よくできないのです。
これがストレスになり、もう最近ぐっちゃぐちゃで使ってました。

Kindleが昔に比べたら使いやすくなった

僕の記憶ではKindleのソートがおかしくて漫画とか巻数順に並んでなかったと思うんです。
それが嫌でKinoppyをメインに使っていたのですが。

Kindleがどんなデバイスでも読めるようになった

どんなデバイスでも使えるのがKinoppyに優位性があったが、Kindleは各デバイスにアプリを配信した上にブラウザで読めるfor PCまである。
電子ペーパー端末においてはKindleは3種類、一方のKinoppyはソニー端末が1種類。
そのソニーは電子書籍リーダー市場から撤退を発表しており、日本で後継機が出るかは相当怪しい……。

Kinoppyでepub形式の本がキレイに表示されない

オライリーとかでepubファイルを買ってるのでこれを読みたいんです。
Kindleに放り込むあの作業がだるくてKinoppyを使っていたのですが、EPUBエンジンが更新されるたびに期待して取り込んだepubファイルがうまく表示されないんです(特に表紙が)。
なんでだろうなぁと思ってた所にAppleがiBooksを持ってきたので試しに読ませたらキレイに表紙も表示されたのでPDF/epubはiBooksで読んでます。
そもそもKinoppy for Macの更新自体がなかなかされないいので、Yosemiteでばんばん落ちてそもそもリーダーとして使えないので削除しましたが。

結局disりまくったわけですが、でもKinoppy良いんですよね、続巻通知やシリーズのまとめ買いなどが簡単に行えるので。
ここは全然Amazonよりいいところなんです、だからこそリーダーが残念なのが勿体無いんです。
KindleはKindleで1巻1巻決済されるからクレカの明細が酷い、まとめ買いに対応してくれませんかねえ……。

iOS版Kinoppy、アップデートで新刊通知機能搭載

Excellent!!!
新刊通知が来ました。

Kinoppyアップデート内容

Kinoppyの場合は紀伊国屋のサイトでキーワードを登録しておくと、メールで新刊通知が来るようなシステムでした。

紀伊国屋通知機能

まあこれでもいいんですが、人物名12件・タイトルキーワード6件しか登録できませんでした。
当然何百冊規模で買ってる人は全部把握できないわけですし、毎回登録しておくのも面倒です。
これは待ってた人多いと思いますよ、まさかWEBではなくアプリで対応してくるとは思わなかったですがっ。


2013年9月22日追記
Kinoppy通知
通知が来ました。

本当にこの通知だけが来て、特にどのシリーズのどの巻数がリリースされたかは教えてくれませんでした。
結局メール通知設定しないとダメですね……はぁ。


2013年10月5日追記

新刊おしらせちゃんと見れました。

新刊通知をスワイプしてKinoppyを起動するか、起動してストア→新刊おしらせを選択すれば見れますねサーセン。

Kinoppy新刊おしらせ

Kinoppy新刊通知

電子書籍を始めて気になった所など

電子書籍を本格的に開始した経緯

漫画買う→部屋が埋まる→実家に宅配テロを実施する→実家の俺の部屋が埋まる
の素晴らしいロジックを繰り返し、GWに久々帰省したら俺の部屋の踏み場がなくなったから。

これはもうキャパ的に無理だとSAMURAI DEEPER KYOとかエアギアとかスクールランブルとかあんまり読まなくなった漫画を泣く泣く売却した。
それでも踏み場が無いので、また帰省して買い続けたこち亀も売却します。
あっでもよく言われる天皇陛下万歳を始めとした改訂版前の単行本はいろいろ持ってた気がするので、そこは売らずに持っておこうとは思います。

【閲覧注意】問題があったマンガの表現、封印回まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131519044300150701

(そういえばこういう時って電子書籍はどうなるんだろう、差替え版配信とか?)

キャパ以外には実家に送る為にダンボールに詰めてコンビニ行くのも手間といえば手間なのでやりたくない。
これはもう電子書籍を開始するか……ちょっと気になるし先行投資や!
というわけで電子書籍ライフの開始

どこを使うか

紀伊國屋書店のKinoppyで漫画、技術書ラノベ小説関連はKindleで使い分けて実施しております。
Kinoppyを利用する理由は下記と同じ。

これから本を買う時はなるべく電子書籍で買おうと思う理由
http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20111222/1324499130

今後おそらくメインとしてKinoppy使っていくと思うけど、なぜKindleで使いたいかというと将来Paperwhiteを買った際、マンガと違って文章読みやすさ考えたらKindleの方がいいかなーと。
でも欲しい本がSONYのReaderに対応してたら紀伊國屋の方で買ってもいいとは思ってる、というかそうしたい。
小説関連は全然買ってないからまだこの辺は様子見。

技術書をKindleで読んでるのはオライリーとかのPDFをKindleに放り投げるのが楽だから。
それだけ……。

Send-to-Kindle機能を利用してパーソナルドキュメント(電子書籍ファイル)をKindleへ送る方法
http://www.iineshoten.com/blog/how-to-send-to-kindle/

漫画の電子書籍移行した場合気になる事

電子書籍に移行するにあたって弊害があるのがOVA付けたりしてくる奴とペーパー。
これやられると電子+紙を買わないといけなくなるから……ねぇ?
ペーパーはZINとかとらとかゲマとか行きやすい所に住んでるので付くなら欲しい。
となりの怪物くんファンブックみたいにペーパーの絵全部収録してくれるならペーパーをあえて貰わなくていいんだけど。

Kinoppyで漫画をいろいろ買って気になった点

ここ、ここ重要です!
ジャンプコミックスの仕様だか知らないけど、なぜか目次機能まともに使えないし、ページめくりエフェクトも使わせてもらえない。
乙嫁語り目次機能
河合荘目次機能
ニセコイ目次機能
ページめくりエフェクト

えっなにこれ。
天下の集英社だからなの?
それともニセコイだけなの?
集英社以外にこういうのあるの?
教えてエロイ人!

さらに言わせてもらえば表紙が統一されてないので私気になります!
Kinoppy本棚の表紙

まとめ

使ってみて電子書籍も悪くないなとは思いました。
いつも買う時収納を気にして厳選して買ってたので、その制約が無いと凄い勢いで買ってしまう。
ただ読みなおす時表紙に移動させたり、「あっあのシーンはどこだっけ」と探す時ほど紙で持っておきたいと思ったことはない。
目も疲れにくいしね!
まだ電子+紙をうまいこと両立させて戦っていくほうがいいかな。

ホントにジャンプコミックスのやつはなんなんだろう。
これ各社統一してほしい、気持ち悪いから。